21周年・第123回ビジネス情報研究会(2012-10-22)

123回の情報研究会は、昨今の中国問題も踏まえ、日中で50年以上にわたり、活躍しておられ、日中研究の第一人者である凌 星光先生(日中科学技術文化センター理事長、日中関係研究所所長、中国社会科学院世界政治経済研究所研究員、福井県立大学名誉教授)に「最近の日中政治経済関係について」特別講演をお願いすることになりました。
またポストチャイナとして脚光を浴びつつあるベトナムと45年の関係を有し、ベトナム専門家である日隈真澄氏(国際人材育成機構ハノイ事務所長、東京外国語大学インドシナ学科、ハノイ総合大学ベトナム語科卒、明和産業勤務―当協会ベトナム担当理事)に「ベトナムの最新事情~ベトナムと45年関係して」と題し、今回の一時帰国の機会をとらえ、発表いただきます。
さらに情報を活用したマーケテイング研究、実践で有名な「蒼天」の浜村隆洋・社長に「マーケテイングインテリジェンス情報」について貴重な講演をいただきます。
 『最近の日中政治経済関係について』630pm~720pm(質疑10分含む)
  凌星光(日中関係研究所所長、中国社会科学院研究員、福井県立大学名誉教授)
 『ベトナム最新事情~ベトナムと45年関係して~』730pm~810pm(質疑10分含む)
  日隈真澄(国際人材育成機構ハノイ事務所長、元明和産業勤務、東京外語大講師)
 『マーケテイング情報について』810pm~850pm(質疑10分含む)
  浜村隆洋(蒼天・社長)