23周年・第136回ビジネス情報研究会(2014-10-20)

第136回情報研究会は,11月の米大統領選挙を控え交渉が大詰めを迎えつつあり、賛否両論がかしましいTPP(環太平洋経済連携)について、反対の立場から論戦を展開しておられる国際アジア共同体学会会長・筑波大学名誉教授・当協会顧問の進藤栄一先生に「TPPの現状と問題点」についてご講演いただきました。さらに競争情報の研究で内外で活躍しておられる高橋正行・日本経済大学准教授(情報学博士)に「競争情報でビジネス競争に勝つ」、ビジネスインテリジェンスの日本企業への普及に尽力中の日本オラクル社・BI担当デイレクタ―の鎌田正広氏に「日本オラクルのビジネスインテリジェンス・マーケテイングの現状」と題し貴重なご講演をいただきました。

1)『TPPの現状と問題点』(600~650pm)(質疑10分含む)
進藤栄一(国際アジア共同体学会会長、筑波大学名誉教授)-当協会顧問

2)『競争情報でビジネス競争に勝つ』(650~730pm)(質疑10分含む)
高橋正行(日本経済大学准教授、情報学博士)

3)『日本オラクルのビジネスインテリジェンス・マーケテイングの現状』
鎌田正広(日本オラクル社BI担当デイレクタ)(730~810pm)(含質疑10分)