BIS論壇No.183

「米コロンビア大学ロバート・マンデル教授の思い出」

  2016年5月28日

米コロンビア大学日本経済経営研究所元客員研究員 中川 十郎

5月12日、米コロンビア大学ビジネス・スクール創立100周年記念パーテイが帝国ホテルで開催された。学院長のグレン・ハーバード教授や、日本経済経営研究所所長のヒュー・パトリック名誉教授、日本政治研究の第一人者のジェラルド・カーテイス名誉教授なども参加し、盛大であった。このパーテイには伊藤隆敏コロンビア大学国際公共政策大学院教授・元東大教授も参加されていた。伊藤教授とは10数年前にロバート・マンデル教授が帝国ホテルでの講演に参加の際、マンデル教授と共にランチをともにしたことがあり、面識がある。

パーテイの席でしばらく疎遠にしているがマンデル教授はお元気ですかと聞いたところ、逝去されたとのことで驚いた。マンデル教授とは筆者がコロンビア大学日本経済経営研究所客員研究員以来15年来懇意にしていたので、逝去の報にショックを受けた。

2002年~2003年にかけ筆者はコロンビア大学客員研究員として世界経済、経営、情報論を勉強した。国際金融論の大家でマンデルフレミング理論でも名高く、1999年にノーベル経済学賞を授与されたマンデル教授と2001年に同じくノーベル経済学賞を受賞されたステイグリッツ教授の講義がコロンビアでは有名で、私も両教授の講義を受講した。ステイグリッツ教授は日本経済を講義した後、これで正しいかと日本から留学している私に謙遜してよく確認された。マンデル教授の講義はかってMITで数学も専攻されているだけあり、数式をふんだんに活用したエコノメトリック的な金融論の講義でついていくのが大変だった。

講義が終わった後、日本から国際マーケテイング研究を中心にコロンビア大学に留学していると挨拶した。その時、実は東京での講演に呼ばれて、近く東京と京都を訪問すると話しがあった。それならば私が理事をしている日本貿易学会の会長初め幹部に逢ってもらいたい。できれば同学会の顧問になってほしいと頼んだ。そのあと教授、職員専用のカフェテリアでランチを取っていたところ、大学院生と一緒に食事していたマンデル教授が一緒に食事しようと招待された。これがマンデル教授との不思議な出会いであった。マンデル教授は大のイタリアワイン、料理通であるところより、皇太子が学生時代よくいかれたという高田の馬場の『文流』を予約した。ここの経営者は私の大学時代の西村先輩で、同氏のイタリア料理教室がマンデル教授のイタリアのシエナの別荘の近くで、懇意にしておられるとのことで、不思議な御縁に驚いた。

マンデル教授とはその後、オリンパスの特別委員として一緒に東京や香港、シンセンへの出張、長野や、福島工場の訪問、湯河原温泉などにご一緒し、家族ぐるみでお付き合いいただいた。旅館のお部屋に伺うとナプキンにたくさんのメモをとられ、発想を大切にしておられることに感銘を受けた。香港のホテルのバーで素晴らしい夜景を背景に教授の好きなワインを一緒に飲みながら、日本の将来は英語でいかに外国人とコミュニケーションできるかにかかっている。日本人学生への英語教育に尽力するようにとアドバイスされていたことを懐かしく想い出す今日この頃である。ご冥福をはるかに祈る次第である。