BIS論壇No.191

「第4次産業革命インダストリ4.0」

2016年8月1日中川十郎

7月21日東京商工会議所・情報通信部会主催で「第4次産業革命~IOTとAI~インダストリー4.0とインダストリアル・インターネット」と題し、三菱UFJリサーチ&コンサルテイングのコンサルテイング・国際事業本部の尾木蔵人氏の講演会があった。第4次産業革命時代を先導するドイツと米国、中国の戦略が詳しく説明されきわめて有益であった。

参考まで、尾木氏の近著『インダストリー4.0 第4次産業革命の全貌』~最先端の人工知能やIOTがビジネスを激変させる~も参考にしつつ21世紀の情報革命たる第4次産業革命を検証する。この戦略はドイツ製造業を取り巻く環境変化に備え、ICT, インターネット、ビッグデータ、クラウドコンピューテイングを活用し、IOT(Internet of Things-物のインターネット化)へのシフトの時代に製造業分野でICT, IOTを活用し、パラダイムシフトを主導し、人工知能(AI)を活用、世界的な競争優位を確立しようとするものである。

18世紀末の英国での水力、蒸気機関を活用した第1次産業革命、20世紀初頭の大量生産と分業による第2次産業革命、1970年代初めのエレクトロニックス、IT技術活用、特に産業用ロボットの活用による自動化の促進による第3次産業革命を経てCPS(サイバー・フィジカル・システム)の活用による第4次産業革命を狙い、製造業、輸出を主導するドイツ政府が2011年11月に「High Tech Strategy 2020」行動計画の中で「Industry 4.0」を採用。2013年4月にAca Tech ドイツ工業化学アカデミー、シーメンス、ボッシュ、ダイムラー、BMW, SAPなどが参加し、「Industry 4.0実現に向けた提言書」を発表。ABB,ヒューレットパッカードなどの多国籍企業を含む在ドイツ企業がSteering Committeeメンバーとなり、各分野への対応、研究を実施。2014年4月「Industry 4.0プラットフォーム」が白書を発表し、本格的な活動が始まった。

インダストリー4.0でIOT(モノのインターネット)、IOS(サービスのインターネット)を活用してスマートビルデイング、ロジステイックス、カー、グリッドなどに拡大する。工場全体の現場データーをセンサーなどを活用して「デジタルデータ」としてCiber(IT)上に蓄積して、ITと製造技術の融合により設計、生産計画、生産、物流(部品調達、供給など)の迅速化を実現して、グローバルな競争優位を獲得しようとする戦略である。

これに対抗して米国は「インダストリアル・インターネット・コンソーシアム」(IIC)を2014年3月に発足。GE,IBM,INTEL.CISCO Systems, ATT&T,など240団体も加盟し第4次産業革命での主導権をドイツと争っている。

製造大国の中国も2015年5月中国製造業10か年計画の「中国製造2025」を発表。次世代情報技術、高度なデジタル制御の工作機械、ロボット産業に全力を挙げる戦略で、2015年6月ドイツとインダストリー4.0で協力することで合意。ドイツの先端製造技術と世界最大の製造国家・中国が提携すればグローバル製造大国としてこの2カ国が世界の製造を抑えるものと思われる。これに対してわが日本は大きく出遅れており、その挽回のために官、学、財の起死回生の対応が求められている。