BIS論壇No.197

 「代替医療問題」

2016年9月8日 中川 十郎

9月3日、慶応大学・医学部講堂で、国家ビジョン研究会主催で「人生のセカンドステージ~命の本質を全うするために~」と題して有意義な健康・医療研究会が行われた。同ビジョン研究会の医療・看護・介護分科会会長はBIS協会名誉会長の広瀬輝夫・元ニューヨーク医科大学教授でもあるところより参加した。

第一部は石飛幸三・世田谷区立特別養護老人ホーム蘆花ホーム医師が基調講演『平穏死のすすめ』で、無理な延命治療ではなく、自然の摂理に抗うことなく、自然で平穏な最期を迎えることの大切さを強調された。人間らしく人生の終わりを迎え、「命の本質を全うする」ことを願うとの話に感銘を受けた。

第二部はがんの夫を自宅で家族一緒に介護し、延命治療を受けることなく自然死を従容と受け入れられた長谷川ひろ子氏が、介護の一部始終を撮影し、映画にまとめられた『いきたい』の上映で、参加者に多大の感動と感銘を与えた。

日本では他国の2倍~4倍以上の80%が病院で死亡している。スエ―デンでは病院での死亡は20%で、80%が自宅だとのことだ。日本では病院での死亡が圧倒的に高いことを痛感した。自宅でがんの夫を看病し、自宅で最期をみとった家族の生き様は、今後の日本での介護、看病のあり方や、家族一同にみとられ、人生最期を自宅で全うする介護のあり方は会議参加者に多大の感銘を与えた。

第三部はパネルデイスカションで、佐野 潔・米国野口医学研究所理事長が「ヒューマニテイ医療と欧米の老人医療・介護」で、病院でなく在宅医療で、いやし、思いやり、共感、こころの交流をすることが大切だと強調された。

国際全人医療研究所理事長の永田勝太郎氏は「全人的医療、納得のゆく死にざまとは」と題して講演された。人間を理解するためには身体、心理、社会、実存(生きがい)が大切だ。全人的医療で現代医学の限界を超え、東洋医学、心身医学を統合させることが大切だと強調された。日本在宅ケアアライアンス共同事務局長の太田秀樹氏は65歳以上の高齢者が26%を超えた日本の現状下、地域の絆を太くして、医療・介護・福祉・保健(予防)・住まいを盛り込み、独居でも住み慣れた町で尊厳を持って暮し、安らかに旅立つべきだと力説された。生命科学振興会理事長の渡辺 昌先生は健康長寿に「山・田・星」モデルを提唱。玄米菜食を強く推薦。日本人は尊厳死やQOL(生活の質)を考えるべきと強調された。

世界最高速で高齢化が進行している日本人の生き方死に方について熟考すべきと痛感した。

前山和宏・医師は最近、注目を集めている著書『末期がん逆転の治療法』(幻冬舎刊)で、がんの早期回復のカギを握るのは手術でも薬でも放射線でもない。“代替医療”が重要だと力説。高齢者を薬漬けにしている日本の医療・医薬業界・厚生省のあり方を大いに批判しておられる。高齢化社会の日本の医療の在り方は大いに問題があり、再考が必要だ。