膨州市・視察訪問報告書 

四川省膨州市

師 敏 副書記殿                    2007年3月25日

陳 世全 弁公室主任殿

写 関係各位殿

膨州市・視察訪問報告書

                                                 膨州市視察訪問団

                            団長 中川 十郎

                         WTO PSI 貿易紛争処理委員

                          JETRO 貿易アドバイザー

                          日本大学大学院非常勤講師

                        東京経済大学経営学部大学院前教授

2007年3月19日~25日の膨州市視察訪問結果、下記報告いたします。このうち一件でも日中協力プロジェクト(案件)として実現できることを期待します。

  1. 膨州市観光、貿易開発提案;
  2. 膨州市は竜門山、丹景山、龍興寺塔、白鹿上書院、陽平道観などの風光明媚な観光地に恵まれている。とくに今回訪問した銀廠溝は風景が素晴らしく、今後国際観光、保養地として開発することが望ましいと考える。ホームステイ(民宿)型の宿舎は汚水処理などユニットタイプで処理し、電力は太陽光、風力発電, ミ二水力発電なども併用し、景観や環境に留意したものにすべきであろう。

食事は近来『医食同源』で健康志向が世界的に高まっているところより、『医食』

で有名な四川料理のさらなる開発が望まれる。あわせ漢方薬の活用、開発、宣伝、販売にも努力すること。

対策としては本年3月に退職する日本の戦後のベビーブーマー(団塊の世代―55

~60歳)600万人の夫妻にターゲットを絞り、四川省膨州市への誘致方策の考究。

『蜀以来の3000年の歴史にあふれる食と健康と観光の宝庫、四川, 成都、膨州で医食同源の健康エコツアーを体験しよう』『健康四川料理教室ツアー』などを目玉に北京~成都~膨州~昆明などへの回遊ツアーを研究するのも一法と思われる。

  1. 『宝山温泉』の開発、活用とマッサージ、針灸、太極拳など健康四川食を結合、融合した健康ツアーの宣伝を行なうこと。
  2. これと合わせ、日本人が好きなハーフ・ゴルフ場を組み合わせることも一法。
  3. 清水『温泉水』を活用した健康水の開発、宣伝、販売。
  4. 冷水魚の宣伝。(とくにさけ、ます、さめなど)さらにしそ、わさび、にんにく、苦瓜、沢庵、野菜漬け、きのこ、きくらげ、蜂蜜の製造、販売、輸出。
  5. パンダ、牡丹, 蘭、菜の花、梅、桜などをモチーフにした製品、土産品の開発。
  6. 観光地案内のための環境にやさしい電気自動車(ゴルフカート)の活用。
  7. 菜の花を加工したバイオデイーゼルオイルの製造設備の建設。(日本の技術活用)。
  8. 養豚, 養鶏などへの新乳酸菌および創成水の活用。(日本の技術活用)。
  9. 観光振興に関しては、とくに従業員教育について、日本の旅館、ホテルと提携し、研修を強化することが望ましい。とくに日本語、英語、接客サービスの実地研修と膨州市宣伝を併せ、日本の大学、日本大学、立教大学、東洋大学などと提携し、観光学研修留学生の教育に力を注ぐこと。

研修ホテル、旅館は九州の湯布院、霧島、指宿、垂水、関東では熱海、箱根、伊豆、伊東、湯が原など。

  1. 観光者を通じ、膨州市への産業誘致、投資の勧誘に努力すること。

12)環境にやさしい観光産業の確立に努力すること。

以上の具体策として、日本企業、地域との以下の提携を提言する。

  1. 観光業振興のため、既存の膨州市、宝山温泉の環境にやさしい開発を促進する。

そのためには経験豊富な日本の九州大分県の「湯布院」もしくは鹿児島県の「霧島」、

「垂水」「指宿」温泉などと提携する。これらの都市、町とは北海道石狩市、大阪富田市などとのような姉妹都市契約を結び、協力を強化することを勧めたい。

  1. 日本有数のバラ園を有する鹿児島県鹿屋市、もしくは岐阜県岐阜市などと提携し、膨州市の牡丹、蘭の花の販売協力を行なう。
  2. 鹿児島県垂水市、鹿屋市と提携し、温泉水、酢などの販売の研究を行なう。
  3. 日本のメーカーと提携し、温泉水、創成水、乳酸菌の製造販売を行なう。とくに養豚、養鶏、生活飲用水分野。
  4. 菜の花からのバイオデイゼルオイルの抽出プロジェクトを推進し、環境にやさしいデイーゼルオイルの製造協力を行なう。
  5. 「一村、一品」「観光土産品」の開発を日本貿易振興機構(JETRO)の協力を得て行なう。
  6. 西華大学と日本の大学と提携し、留学生の相互交換、貿易、観光振興共同研究を行なう。

(日本大学、桜美林大学、東京経済大学、愛知学院大学など)

  1. JETROの協力を得て、膨州市輸出品の開発、日本からの企業誘致に努力する。
  2. 成都養豚会社と養豚技術、商品開発の相互研究、交流を強化する。
  3. 医薬会社と漢方薬の輸出開拓、日本の医薬会社、医科大学との漢方薬共同開発研究促進。
  1. 各団員報告;

1)松延洋平団員の有機野菜、農産品栽培については今後、日本、欧米、アジアの規制、食の安全情報、とくに農産物の貿易情報の提供が望まれる。

2)中村義幸団員の環境にやさしい放牧養豚についてはとくに自家製飼料の応用、コンピュター制御飼育システムの膨州市への適用研究が望まれる。(詳細については両団員の報告書を参照されたい)                       以上