BIS論壇 『中国を訪問して』2017年8月29日 中川十郎

BIS論壇 『中国を訪問して』2017年8月29日 中川十郎
 8月20日から23日の河西省・九江市の国立職業大学訪問の途次、5年ぶりに上海を訪問した。成田空港とは比較にならない広大な空港の大きさに圧倒された。2013年に開催された上海万博を機に整備された空港は鳥の形を模し、北京空港に次ぐ壮大なもので、躍進する中国の勢いをまざまざと感じさせられた。上海市中心部へはドイツが建設したリニアモーターカー、地下鉄、バスとアクセスが良い。南昌空港への乗り替えまで時間があったので、地下鉄で上海中心部に向かった。車内で、若い女性から席を譲られた。日本の地下鉄や電車ではありえない光景だ。共産主義政権でも儒教は生きており、高齢者に対する尊敬の念は健在だ。日本の車内で優先席に陣取りスマホに没頭し、席の前に高齢者や子供ずれが立たっていても意に介さぬ日本の若者とは雲泥の差だ。このような若者の道徳観念では日本の将来を憂えざるを得ない。到着日の翌日、20年前から職業教育に尽力している九江・国立職業大学を訪問した。日本の大学とは比較にならぬ38万平方メートルの広大な敷地に職業実習・訓練施設や図書館、運動場、寄宿舎を有する廣さには驚愕した。在学生は16000人。師範教育学院、技術学院、機械工学院、建築学院、情報工学院、経済経営学院、文化観光学院、看護学院、農業経済技術学院があり、全中国の28省からの学生が学んでいる。本年は初めて看護学院から日本に研修生が派遣されることになったと副学長から説明があった。日本ではやっと2018年度から短大や職業大学院での職業専門教育開始を検討しているが、中國では職業訓連大学は30年の歴史があるとのこと。日本は実践的な専門教育において大幅に出遅れていることを痛感させられた。
 翌日は宋時代からの1000年の歴史を有する陶器製造で世界的に有名な景徳鎮を訪問した。九江から景徳鎮までの100キロにわたる高速道路の両脇と中間帯は植林され緑のベルトが続き圧倒された。景徳鎮の1000年を超す、陶土の発掘現場は禿山を植林しており、同行の副学長が中国の環境保全、グリーン革命を自慢していた。中国政府の国をあげての環境革命の実態を目の当たりにした。景徳鎮の陶芸文化保存にも熱心で、景徳鎮三宝陶芸研究院、景徳鎮国際陶芸村博物館で世界の陶芸研究家も参加し、国際的な陶芸文化保存に尽力している努力に感銘を受けた。日本とは有田、瀬戸、最近、金澤と姉妹都市を締結。文化交流をしている由。沿道での建築建設が大半ストップしている様は中国の不動産不況の実情を具現していた。津上俊哉氏の近著『「米中経済戦争」の内実を読み解く』(PHP新著)や何 清漣、程 暁農 共著『中国~とっくにクライシス、なのに崩壊しない“紅い帝国”のカラクリ』~在米中国人経済学者の精緻な分析で浮かび上がる~(ワニブックス)などでの中国は「崩壊」は免れようが、「衰退」するとの説に配慮の余地はある。だが、今回、上海、南昌、北京の現地を訪問し、中國は高度成長の光と影とひずみ、人権など問題はあろうが、21世紀のユーラシアの陸と海の巨大経済圏物流戦略「一帯一路」を含み、驀進する中国は、大方の予想通り、2025年ごろには米国に並ぶか肉薄する大国に成長するのではないかと実感させられた。
日本の中国進出企業は2万社。最大の輸入先が中国。
輸出先では米国に次ぐ2位だ。日本は中国敵視政策を改めて、中國との友好促進に尽力すべきだと痛感した。