BIS論壇 『「死ぬほど読書」「生きていくあなたへ」読後感』 2017年10月7日 中川十郎

BIS論壇 『「死ぬほど読書」「生きていくあなたへ」読後感』 2017年10月7日 中川十郎

このほど首記2冊を読破した。非常に感銘を受けたので、参考までに読後感をお届けしたい。
『死ぬほど読書』(幻冬舎・新書)の著者は元伊藤忠商事社長でそのあと初の商社出身・駐中國大使として活躍された丹羽宇一郎氏である。丹羽氏は社長当時4000億円の不良債権をかかえた同社を見事立ち直らせた伝説の商社マンである。社長専属の社用車の使用を断り、地下鉄で毎日、通勤した社長としてかねがね筆者が尊敬していた方である。
商社業界のみでなく、財界一の読書家であることを知った。もともと実家が書店だったこともあり、若い時から読書家であったらしい。商社マンというのは昼はビジネス、夜は接待づけというのが定説だが、そのような中に在ってこれほどの読書をこなした商社マンは稀有である。「読書は本当の「知」を鍛える。理想は『大航海時代叢書』(岩波書店刊)25巻の読破で、この叢書を一点だけ書棚に残してある」とのことだ。
今回の著書の印税は伊藤忠兵衛関連諸資料が保存してある「志賀大学経済学部付属資料館」と日本で学んでいる中國留学生への奨学金として「日本中国友好協会」に全額寄付するというのもいかにも丹羽氏の面目躍如たるものがあり、感銘を受けた。
隆盛を極めるネットには信頼性の欠如という面で影の部分がある。その陰の部分を埋めるものとして、本は再びその価値が見直されると予言しておられる。
かってBIS名誉顧問の故小野田寛郎・元陸軍情報少尉が「情報源を確かめ、その情報が真実かどうか見極めることが大切だ」と力説しておられたことを思い出す。
丹羽氏の伊藤忠上司・瀬島隆三・元大本営陸軍部作戦参謀は『現場で一次情報を一刻も早く得ることがとても重要だ。「すべては現場に宿る」と自戒的教訓をのべておられた』と
丹羽氏は述懐しておられる。筆者が座右の銘にしている「実践なき理論は空虚、理論なき実践は危険」と一脈相通じるところがあり、強く共感した次第だ。丹羽氏はまた「ビジネスにおいては情報は生命線だ」「情報に振り回されないため、情報の質と精度を高めるための努力と工夫を惜しんではだめだ」「ネットを中心におびただしい量の情報があふれている現在では接する情報を一度は疑ってみる必要がある。そのためには日頃から常識的判断や情報リテラシーを磨いておくべきだ」と力説しておられる。昨今のフェイクニュースの氾濫時代、留意すべきアドバイスだ。
「『生きていくあなたへ』~105歳どうしても遺したかった言葉」(幻冬舎)は105歳まで長寿を全うされた日野原重明・聖路加国際病院名誉院長の死を目前に紡がれた、生涯現役渾身の最後のメッセージである。クリスチャンであった同氏の最後の遺言でもある。「私の長い人生が終わろうとしているけれども、私の人生だけではなくて、これから人生をまだまだ長く続けていくあなた達と一緒に、どのように受け継いでいくかー、感謝の気持ちでキープオンゴーイング」と最後のことばを残しておられる。筆者の大学恩師の五島茂・経済学者・歌人は103歳の生涯現役を全うされた。両氏に見習い筆者も、生涯現役で「一生勉強、一生青春」をモットーに残された人生を悔いなく生きたいと覚悟を新たにした。